審査結果発表

審査結果発表

 

【グランプリ賞】
あきシェア(No54)
長縄 海広 様(東京工業大学)
片山 航 様(東京工業大学)
佐野 優香 様(東京工業大学)
高橋 健 様(東京工業大学)
高橋 諒 様(東京工業大学)

【グランプリ】あきシェア1枚目
【グランプリ賞】あきシェア1枚目
【グランプリ】あきシェア2枚目
【グランプリ賞】あきシェア2枚目

《講評》

「空きシェア」は、空間のシェアだけにとどまらず時間までもシェアしている提案だ。
空間×時間が掛け合わせることよって不動産の稼働率があがり事業性が高まる。
加えて、地域の人たちを利用者として、運営者として捉えることで多様な人材の利用を促している。
平日と週末で滞在する人が異なるという現代の郊外住宅の特徴をとらえつつ、自然なコミュニティーを生み出して、課題を解決するという秀逸な提案である。団地住人たちの多様化する価値観とライフスタイルの積極的な実践の場を空き家に持つことのワクワク感が伝わってくる。

 

【横浜まちづくり賞】
境界に居場所ある街(No9)
山田 智彦 様(スタジオバッテリー)
廣瀬 哲史 様(スタジオバッテリー)
森本 清史 様(スタジオバッテリー)
田端 由香 様(スタジオバッテリー)

【横浜まちづくり賞】境界に居場所ある街1枚目
【横浜まちづくり賞】境界に居場所ある街1枚目
【横浜まちづくり賞】境界に居場所ある街2枚目
【横浜まちづくり賞】境界に居場所ある街2枚目

《講評》

・まちの中の道路や住宅の塀・フェンスなども含めた外部空間の活用のアイデアにとどまらず、一定のまとまりをもった街区を、運営・管理する仕組みまで提案されている。
この提案は、地元組織「まちもり会社」を設立し、自分たちの手でまちをつくり・守ることで、まちの共用空間やコミュニティの持続へと導くものとなっている。「地域主体のまちづくり」が大切な視点であることを改めて示してくれた提案である。

 

【京急賞】
ここからふるさとをはじめる(No45)
手塚 悦子 様(株式会社CES.緑研究所)
手塚 一雅 様(株式会社CES.緑研究所)

【京急賞】ここからふるさとをはじめる1枚目
【京急賞】ここからふるさとをはじめる1枚目
【京急賞】ここからふるさとをはじめる2枚目
【京急賞】ここからふるさとをはじめる2枚目

《講評》

横浜市の郊外は「豊かな自然」が魅力である。既存のまちの魅力を生かしながら、テクノロジーを用いて高齢者や子育て世代が住みやすいまちを提案している。郊外住宅地の魅力を維持・活性化していくために、テクノロジーを活用し、交通や働き方、医療など、まちに変化をもたらすことへの期待が高まるプランである。

 

【横浜市立大賞】
自給自足のまち東朝比奈郊外だからこそできる自給自足生活
~持続可能な社会を目指して~(No69)
石淵 皓太 様(横浜市立大学)
佐藤  顕 様(横浜市立大学)

【横浜市立大賞】 自給自足のまち東朝比奈郊外だからこそできる自給自足生活 ~持続可能な社会を目指して~1枚目
【横浜市立大賞】自給自足のまち東朝比奈郊外だからこそできる自給自足生活
~持続可能な社会を目指して~1枚目
【横浜市立大賞】 自給自足のまち東朝比奈郊外だからこそできる自給自足生活 ~持続可能な社会を目指して~2枚目
【横浜市立大賞】自給自足のまち東朝比奈郊外だからこそできる自給自足生活
~持続可能な社会を目指して~2枚目

《講評》

郊外には郊外の魅力がある。その魅力はどこも同じではない。地域文脈を踏まえ、現状分析、空き家の実態把握、マーケットリサーチ、意向調査、資金計画などをふまえて、魅力的なまちにするための運営会社による家庭菜園のある賃貸住宅、子供の食育プログラム、シェア畑などを提案し、自給自足ができるまちを提案している。持続可能な開発が求められるいまこそ、実現したいプランである。

 

【イノベーション賞】
植物ラックコミュニティ計画(No41)
清水 勇佑 様

【イノベーション賞】 植物ラックコミュニティ計画1枚目
【イノベーション賞】植物ラックコミュニティ計画1枚目
【イノベーション賞】 植物ラックコミュニティ計画2枚目
【イノベーション賞】植物ラックコミュニティ計画2枚目

《講評》

団地社会において交流の接点を探しながらもそのきっかけを掴みあぐねている高齢リタイア族。生活環境の只中に野菜生産環境を重ね合わせることにより、空室、空家内のパレットで生産される多様な野菜・グリーンは、食や健康を中心としたコミュニティ生成のきっかけとなるだろう。また生産物の地域内ロジスティクスと生活者の地域内移動手段を同一のモビリティーで担う発想は、合理性のみならず生産者と生活者を同一の当事者とする持続可能なモデルとなりうる。

 

【特別賞】
子育て世代家族が住みやすい街能見台・富岡(No24)
土屋 杏里 様
土屋 勇人 様
因幡 明日美 様
因幡 龍 様
小澤 誠 様
小澤 佳澄 様

【特別賞】 子育て世代家族が住みやすい街能見台・富岡1枚目
【特別賞】子育て世代家族が住みやすい街能見台・富岡1枚目
【特別賞】 子育て世代家族が住みやすい街能見台・富岡2枚目
【特別賞】子育て世代家族が住みやすい街能見台・富岡2枚目

《講評》

富岡・能見台に結婚や出産を機に引っ越してきた3家族からの提案。提案はリアリティの塊だった。ベビー連れて迷惑じゃないカフェが意外になくて、結果として自宅にこもってしまうから欲しい。趣味を広げたくても子供が小さいと子育て優先で取り掛かれない。空き家レンタルハウスで子どもを遊ばせながらBBQしたり趣味を広げられたらいいなど。リアルな声が私たちに届いてきた提案である。

 

佳作【はまっこ賞】
home town(No30)
伊藤 睦子 様(伊藤倉庫株式会社建築設計部門)

【はまっこ賞】home town1枚目
【はまっこ賞】home town2枚目

 

佳作【はまっこ賞】
空き家スタンプラリー(アキスタ)で街も住民もヘルシーに(No7)
江原 直 様

【はまっこ賞】 空き家スタンプラリー(アキスタ)で街も住民もヘルシーに1枚目
【はまっこ賞】空き家スタンプラリー(アキスタ)で街も住民もヘルシーに1枚目
【はまっこ賞】 空き家スタンプラリー(アキスタ)で街も住民もヘルシーに2枚目
【はまっこ賞】空き家スタンプラリー(アキスタ)で街も住民もヘルシーに2枚目

 

佳作【はまっこ賞】
日本一共働きしやすいまち ひかりが丘(No63)
榊原 瑞生 様(横浜市立大学)
高崎 里美 様(横浜市立大学)
蔵並 悠 様(横浜市立大学)
里方 沙枝 様(横浜市立大学)

【はまっこ賞】 日本一共働きしやすいまち ひかりが丘1枚目
【はまっこ賞】日本一共働きしやすいまち ひかりが丘1枚目
【はまっこ賞】 日本一共働きしやすいまち ひかりが丘2枚目
【はまっこ賞】日本一共働きしやすいまち ひかりが丘2枚目

 

佳作【はまっこ賞】
よこはま郊悦村物語(No55)
萬羽 敏郎 様(ヨコハマまちづくり本舗・青葉)

【はまっこ賞】 よこはま郊悦村物語1枚目
【はまっこ賞】よこはま郊悦村物語1枚目
【はまっこ賞】 よこはま郊悦村物語2枚目
【はまっこ賞】よこはま郊悦村物語2枚目

 

【コンペ審査会】はまっこ郊外暮らしシンポジウム開催(変更)

【コンペ審査会】はまっこ郊外暮らしシンポジウム開催のお知らせ

《重要なお知らせ》2020.3.4変更追記←2010.2.23変更・追記
新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、感染拡大防止の観点より一般参加形式から 中止 無観客形式にて実施すること になりました。
なお、当日の様子や選考結果発表は本サイトにて公開する予定です。

報道公式発表は下記をご覧ください。
横浜市発表
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/toshi/2019/0925hamakko.html

京浜急行電鉄グループ発表
https://www.keikyu.co.jp/assets/pdf/f370dd0d60d1f3f014d5d35ca2b37c86.pdf

横浜市立大学
https://www.yokohama-cu.ac.jp/news/2019/2019hamakkokougai.html

多くの方の作品提出をいただいた中より二次審査通過者が決定しました。
最終審査を無観客形式にて各発表者にプレゼンテーション頂くとともに、パネルディスカッション形式の審査員による意見交換会を開催します。
受賞者の発表については,3月 27 日頃本ホームページにて公開予定です。

まもなく提出締め切りのお知らせ

はまっこ郊外暮らしコンペ事務局よりお知らせです。

すでに多くの方よりエントリー登録をいただいておりますが、要綱に記載の通り今週木曜日に提出の締め切りになります。
まだ提出がお済みでない方はお早めにご郵送してください。

・作品提出締切:令和元年12月 12日(木)

【作品提出方法】
提案書1部およびデータの入った記録媒体(CD-R等)を、郵送又は宅配便等にて、事務局に提出してください。

◆作品提出先
郵送又は宅配便等は、下記宛先まで提出してください。作品提出締切日の消印まで有効とします。

〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
公立大学法人 横浜市立大学 企画財務課 地域貢献担当
はまっこ郊外暮らし検討会 事務局宛

まもなく登録締切のご案内

はまっこ郊外暮らしコンペ事務局よりお知らせです。

すでに多くの方よりエントリー登録をいただいておりますが、要綱に記載の通り今週末に登録の締め切りになります。
まだエントリー登録がお済みでない方はお早めにご登録してください。

・登録締切:令和元年11月30日(土)
・作品提出締切:令和元年12月 12日(木)

エントリーフォームはこちら

【作品提出方法】
提案書1部およびデータの入った記録媒体(CD-R等)を、郵送又は宅配便等にて、事務局に提出してください。

◆作品提出先
郵送又は宅配便等は、下記宛先まで提出してください。作品提出締切日の消印まで有効とします。

〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
公立大学法人 横浜市立大学 企画財務課 地域貢献担当
はまっこ郊外暮らし検討会 事務局宛

要項補足のお知らせ191010-1

お知らせです。
要項に記載の内容について下記の表現がわかりづらいため表現を調整致しました。エントリーの際には日程のご確認を改めてお願いします。

【作品提出方法】
・・・
宅配便宅配便等

【日 程】(予定)
・・・
結果 二次審査通過発表:令和2年 3月2日(月)
・・・
※2部形式、パネルディスカッション、入選者 二次審査通過者によるプレゼンテーション審査等を予定